バイナリーオプションとはどういう仕組みの投資なのか

By: InvestmentTotal.com

バイナリーオプションとは比較的最近新しく登場した投資の一つです。特徴としてはいたってシンプルであり、二者択一の選択をして当たれば儲けられ、外れたら投資したお金を失います。ギャンブル性が強い投資ですが、ギャンブルとは違って上手く考えて投資をすれば勝率を上げる事が出来ます。

二者択一で選択するとはどういう事をするのかというと、例えば、為替相場で円とドルの相場を見た時に、ある時点で1ドルが110円だったとします。その後、一定の時間が経過した際に現在の相場よりも上がっているか下がっているのかを予想するのです。

ここでは円とドルで説明をしましたが、何も円とドルの取引だけが対象となる訳では無く、株価や金相場などでも行う事が出来ます。もう少し仕組みについて説明をすると、例えば1万円かけて株価が上がると予想したとします。その時にペイアウト率が設定されていて、当たった場合はペイアウト率に応じて利益が得られます。ペイアウト率が1.9倍であったとすると1万9千円、つまり9千円の利益を得る事が出来るのです。

一方予想と違って株価が下がった場合は投資した1万円を失う事になります。ここで、当たった場合の利益に対して外れた場合の損失の方が割合としては大きいのではないかと疑問を持つ人もいます。確かにその通りであり、二者択一とはいっても勝率が5割の場合は毎回同じ投資額であったとすると損失の方が利益よりも多くなってしまうのです。

それでは不利な条件なのだからやらない方が良いのではないかというと、必ずしもそうとは限らないです。適当に投資をしていたのではギャンブルと同じで5割程度の勝率となるはずですが、予想するのは株価や通貨などの相場であるために的確に相場の値動きを分析する事が出来れば勝率を上げる事は可能です。

だからこそ上手く投資をすると利益の方が多くなり、バイナリーオプションは一般的な単月利益率が黒字になると言われていて、中には30%の黒字になるという人もいるのです。